僕がこの業界に入ったのが、

16年前の2000年。

image

日本のヘアカラーは

第二次世界大戦より前からあったらしく、

続きは↘️ボタンで^_^

戦時中の苦しいときでも、

着物やお米と交換してでも、

ヘアカラーをすることへの価値を

持たれている女性がいたそうです。

それくらい女性の美意識は高い。

今朝、打ち合わせした中で、

日本初のグレイカラーをつくり、

日本初のファッションカラーを創られた、

創業118年のメーカーさん。

長きに渡り、続くためには、

”流行り”より、”想い”が大切と感じた。

”流行りのもの”で簡単に染めるのは楽だけど、

よりコンセプトや想いを大切に

仕事をしたい。

image

カッターとしても、

これからも”想い”を大切に、

お客様の髪の毛を、

心を、

切れる美容師になりたい。

人は”想い”に共感し、集まります。

”想い”に勝るものは無い。

想いの強いカラーリスト集団、

想いの強い美容師が

たくさんいる会社にしたい。

だから宗教は強いのかな。笑